【おひとりさまの老後】独身女性の老後が不安すぎる!不安や心配を軽くするために今知っておくこと!

 ブログランキング・にほんブログ村へ

麻子
こんにちは。
アラフィフ、バツイチ、おひとりさま、銀座でマダムやってた麻子です。
プロフィールも読んでね♪
わたしが老後の不安を解消できた理由は→コチラ
倫子先輩

マダミー💧
あーーー不安だよぉ

fukidasshi-asako-yareyare
麻子

倫子先輩?!
どうしたの!!

倫子先輩
だって、老後のこと考え出したら💦
不安で不安で眠れなくなっちゃったの
asako warai
麻子
あら、倫子先輩かわいい!
わたしが付いてるから大丈夫よ〜。
rinko puripuri
倫子先輩
もーーー!
マダミはわたしより長生きする気!?
絶対わたしが看取ってやるわ💢

マダム麻子:元銀座の高級バーのマダム。当サイトの管理人。なぜか2つ年下の倫子のことを「倫子先輩」と呼ぶ。

倫子先輩:麻子の元部下であり親友、マダムなき後、銀座の店を切り盛りしている。自分はマダムじゃない!と言い張っている。(周りはマダムと思っている)なぜか麻子のことを「マダミ」(マダムが変換されたもの)と呼んでいる。

麻子が10年経って銀座に復活することができたのも、倫子先輩が一役買っている。(詳しくは*プロフィールで)

おひとりさま老後の不安の正体

不安を抱える女性

おひとりさまの老後は……

やっぱり不安ですよね💦

 

結論から言います!

あなたの老後が不安なのは

 

漠然としているからです!!

 

老後のことをきちんと考えたい

とは思ってはいるけど、

ついつい先延ばししてしまう

っていうところでしょうか?

 

ですよね〜!!わかります!

でも不安を不安のままにしておくと

精神衛生上よろしくないです。

 

漠然としているからより不安ですし。

はっきり言って、

現実から目を背けているのです。

 

なにが不安に思っているのか、

なにが問題なのかもわかっていないので

何が問題なのかを具体的に知るだけでも

不安を軽くすることができる。

そして、具体的に知るとそのために

何をすればいいのかもわかりますから。

 

この記事をオススメするのはこんな人!

  • 老後が不安で不安でたまらない人
  • 老後の為に何かしたいけど何をしていいかわからない人
  • 老後について考えたいけど、つい先延ばしにしてしまっている人
  • 老後はなんとかなる!って思いたい人
  • 老後について考えたことがない人

 

この記事を読めば

老後の不安が軽くなって、

老後のために何かしておこうかなー

くらいに思えるようになります。

最後までお付き合い下さいね。

 

本記事は、老後のプランがしっかりある方

向けではありません。

 

老後の不安その1:お金

お金の計算をする女性

老後の不安といえばこれ!

〝お金〟のことではないでしょうか?

 

「老後には3000万円貯めましょう」

など、金融の商品を売るために煽っている

記事なんかをよく見かけますが(^_^;

 

お金の不安って、

自分が何歳まで生きるかわからない

そして、どのような老後を過ごすしたいか

をわかっていないというのが原因だったりします。

 

では、ひとつづつチェックしましょう。

 

あなたの資産をチェック

あなたの貯蓄額、証券、不動産などを洗い出します。

定年までの貯蓄予定額も計算します。

 

もらえる年金をチェック

↓この記事で自分の年金額の調べ方がわかります。

▶“老後資金” 年金いくらもらえる?『ねんきんネット』で簡単に分かる方法

 

あなたの老後の生活費を予想

↓この記事で生活費の計算方法がわかります。

▶老後資金問題!一人暮らしの女性に必要な生活費、いくらか知っていますか?

 

できたら計算していきましょう。

 

例えば、

 

月間生活費が15万円かかり、

60歳定年、90歳まで生きるとして

 

15万×12カ月×30年=5400万円

 

ざっと5400万円かかるということです。

そこから、年金の受給予定額、

貯蓄額(貯蓄予定額含む)を引きます。

そこで、初めて不足額が出てきます。

不足額を意識する事が大切!

 

例えば、

年金年間130万円もらうことができ

貯蓄額が1200万になるとすると

5400万-130万×30年ー1200万=1000万円
1000万円不足です!!

 

仮に今、40歳だった場合
あと20年働けますね。
とすると、月々42000円貯金をプラスする
必要があるということです。

 

えーーー今でもギリギリなのに??
ですよねー。

 

考えて見て下さい。
これは、60歳で定年した場合の額です。
70歳まで働いたとしたら?
どうでしょう?

 

現役と同じ働き方はできなくても
もし、月々10万円稼げたとしたら。
10万×12カ月×10年=1200万円
おーーー!
プラス200万円になりました!

 

かなりザックリとした計算ですが
このように具体的な数字がでれば、
対応策も出てきます。
計算式をまとめておきますね。
【老後必要総額計算式】
月間生活費×12カ月×30年=老後必要総額【老後資金不足額計算式】
老後必要総額-年間年金受給額×30年ー貯蓄総額=老後資金不足額

 

この作業は、いろいろ調べる必要があるので

このページをブックマークして

時間が取れる時にゆっくりやってみてください。

 

自分がいつまで働くか?

貯金をいくらするか?

不動産を持っている場合。

など、いろんなパターンで

計算してみてください。

なんとなくイメージが掴めてきます。

 

老後の不安その2:健康

プールに入っている女性

続いての不安は〝健康〟です。

この記事の結論を言うと、

 

健康でいることが、1番効果がある!

 

どういうことか言うと、

お金の章で書いたように

潤沢な資金がない限り、

70歳くらいまでは働かないといけなくなる

可能性が高い。

 

まず、自分が健康でなければ

働く事すらできなくなる。

体力を維持するのが必須なのです。

そして、生活習慣病などにかかると

医療費もかなりかかってきます。

 

しかし、70代前半だけでも元気で働ければ

それだけお金が入ってきます。

もし、月5万円の収入を3年間得られたら。

5万円×12カ月×3年=180万円

丸々180万円貯金することと同じ。

 

そして、お金のこと以外では

自分で歩いて出掛けられるということが

老後の満足度に大きく関係してきます。

 

自分で歩いて、スーパーに行ける。

ゴミを捨てに行ける。

洗濯物が干せる。

料理ができる。

お風呂に入れる。

トイレに行ける。

 

高齢になるにしたがい

だんだんとこれらができなくなるのですが、

これらを自分でできるかできないかで

ひとりで快適に暮らせるかどうかが

決まってくるのです。

 

なので、どんなに長生きしても

70代でひとりで歩けなくなったり

寝たきりになってしまうと、

それ以降の生活が一変するのです。

 

〝自分で歩ける期間を長くする〟

 

のがとても大事なことなのです。

 

それには、

歩けるための筋肉を今から鍛えておく!

 

そんなにマッチョになる必要はないです。

基本はスクワット。

 

よくわからない方はこちらの記事を

▶40代からのダイエット【基礎知識編】40代女性が痩せない本当の理由

▶40代からのダイエット!【実践編】私が痩せた方法全部公開します!

 

これらはダイエット記事ですが、

基本、代謝を上げる身体作りについて

書いてあるので読んでみて下さい。

実践編にスクワットについて書いてあります。

 

いちどでも鍛えた筋肉は、すこしやれば、

すぐに復活することができます!

これマッスルメモリーといいます。

人生でいちども筋トレをしたことない人は

今のうちに鍛えておくのをオススメします。

 

特に下半身の筋肉!

寝たきりになる理由は、

下半身の筋肉の衰えにより

歩けなくなってしまうからです!

 

怪我して筋肉が衰えるとそのまま

ねたきりになる高齢者がとても多いです。

1番体力がある今のうちに!

 

もちろん、いざという時のために

保険も視野に入れましょう。

心臓疾患や癌などの特定の病気を

患った身内がいる場合は特に。

老後の不安その3:孤独

孤独な女性

孤独について。

これは寂しいというイメージが先行しすぎです。

〝孤独死〟とかね。

 

今、あなたは寂しいですか?

 

まぁ、寂しいといえば寂しいけど、

それよりも圧倒的に自由を満喫している

という感じじゃないですか?

 

わたしはそうです。

 

こう言っちゃなんだけど、

おひとりさまは孤独に対する

耐性があります。

 

生まれてからずーっと

家族に囲まれて過ごしてきた人には

ひとりが耐えられないというのは

なんとなくわかります。

 

でも、わたしは逆に

ずーっと人と一緒、しかも他人と

なんてちょっと耐えられそうにないです。

 

だから、老人ホームとか気乗りしません。

 

幸い、日本は家で受けることのできる

介護サービスがかなりあります。

私の母もそうでしたが、

亡くなる7日前まで、一人暮らしで

サービスを受けながら自宅で過ごしました

本人が望んでいたので。

 

本当の孤独とは

〝いざという時連絡を取る人がいない〟

ということじゃないかと思うのです。

自分に何かあったとき、

連絡をすれば、駆け付けてくれるような。

 

それは、兄弟なのか、甥っ子か。

仲の良い友達なのか、

会社の従業員なのか、

信頼のおける誰か。

 

それを考えておく必要が

おひとりさまにはあるということです。

 

もし、これから見つけるつもりなら

その人とは、めんどくさがらずに

人間関係を築かないといけないのです。

 

まだまだ時間はあるけれど、

今のうちから良い関係を築けるような

誰かと出会えれば、心配はぐっと

減ると思うので。

 

自分と同じような年齢や年上だと

先立たれるリスクがありますので

それは考慮してね。

 

まとめ

本記事のおさらいをしますね。

  1. おひとりさまの老後の不安の正体は、漠然としていること⇒具体的にイメージするのが大事。
  2. 不安その1:お金⇒どの位かかるのか、どの位足りないか大体でいいので計算してみよう。対策はそれから。
  3. 不安その2:健康⇒働くにも、生活するにも健康でいる期間をできるだけ長くする努力を!下半身の筋トレをすべし!
  4. 不安その3:孤独⇒実は孤独も悪くない。でもいざという時に連絡を取れる人は見つけておこう。
これで、かなり不安が軽くなったかと
思います。

 

え!!余計不安になった??
・・・そういう人には。
↑これ、読んで欲しいです。

 

この記事読んだよーの合図に

クリックしてください♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ   

ブログ更新の励みになります!

マダム麻子の人生が変わったきっかけ

 

闘病していた母を亡くし、大切な人と別れ

たった一人きりになり、孤独と絶望で

これからが不安でしょうがなかった時。

わたくしマダム麻子は47歳でした。

 

藁にもすがる思いで、後輩に連絡。

その時に後輩に教えてもらったURL。

 

その後輩に会わなければ

一生知ることのない世界だったと思う。

わたしは迷いに迷って、

思い切ってその世界に飛び込んだ。

 

そのURLが47歳独女の人生を変えてくれた。

 

47歳で人生が変わった話はコチラ
次世代誘導バナー

 

 

【期間限定配信中!】

コロナ後の社会・経済・未来予測
コロナで変容する国際社会
コロナで加速する
ハイパーインフレリスクとその対策
加藤将太が分析するコロナ情報

コロナメルマガバナー