【長生きはイヤ!】40代独身女性の58%が長生きしたくない?!〝人生100年時代〟の実態

 ブログランキング・にほんブログ村へ

麻子
こんにちは。
アラフィフ、バツイチ、おひとりさま、銀座でマダムやってた麻子です。
プロフィールも読んでね♪
わたしが老後の不安を解消できた理由は→コチラから。
倫子先輩
まだみー
わたし長生きしたくないよぉ💧
パパとママがいなくなったらわたしひとりになっちゃうよーーー。
麻子 やれやれ
麻子
わかるわー!!
わたしだって、そんなに長生きしたくないわよ。
でもさ、あっさり死ねるとも思えないのよねぇ。
倫子先輩
そうなのーーー!
わたし運動嫌いだし、寝たきりで何年も生きるとかやだよ〜💦
asako warai
麻子
少しは運動した方がいいかもね。
どうせ長生きするなら、健康で楽しく過ごした方がいいもの!

マダム麻子:元銀座の高級バーのマダム。当サイトの管理人。なぜか2つ年下の倫子のことを「倫子先輩」と呼ぶ。

倫子先輩:麻子の元部下であり親友、マダムなき後、銀座の店を切り盛りしている。自分はマダムじゃない!と言い張っている。(周りはマダムと思っている)なぜか麻子のことを「マダミ」(マダムが変換されたもの)と呼んでいる。

麻子が10年経って銀座に復活することができたのも、倫子先輩が一役買っている。(詳しくは*プロフィールで)

長生きしたくない人が多い…

長生きについての意識調査

おばあちゃん

4050代の未婚男女を対象とした

長生きについての調査結果をみつけました。

 

長生きしたい グラフ
リサーチ・アンド・ディベロプメントが実施した調査結果に基づいてグラフ作成

 

調査によると

長生きしたい人    42

長生きしたくない人  58

 

しかも男性よりも女性の方がより、

長生きしたくない人の方が多い

という結果になったのです。

それはどうしてでしょうか?

長生きしたくない理由

何を隠そう、わたしも同じように

そんなに長生きしたい派ではないので

嬉しいような複雑な気持ちでした。

 

こんな記事も見つけました。

長生きしたくない女性ほど

「誰にも頼らずに生きたい」

と考える傾向がある。

 

これは、まったくその通り!と

納得しかありません。

わたしもそう考えていたので。

 

高齢になると体が不自由になり

誰かに面倒をみてもらわなければ

ならなくなってしまう。

だから、あまり長生きしたくない。

 

何もおひとりさまに限ったことではなく

そう思っている女性は多いのです。

男性は現実逃避している人が多いのか?

誰かに面倒見てもらおうと思っているのか?

死ぬことすら考えてない感じかな(笑)

でも、きっと思うようには死ねない

理由1 寿命が延びている

上昇グラフ

いくら、長生きしたくないって言ったって

そばっかりは、コントロールできないのです。

「もうそろそろ、いいかな」とか

自分で期限が決められたらいいのにね。

それはそれで、悩むか(笑)

 

そして、寿命は延びる一方です。

人生100年時代とは?でも書きましたが、

2007年生まれの人の平均寿命は

107歳!と予測されています。

そしてね、平均余命って知ってますか?

ある年齢の人々が、あと何年生きらられるかという期待値のこと
平均余命表
出典:厚生労働省 平成29年簡易生命表の概況より

上の表は平成28年と29年の平均余命調査結果です。

わかりやすく

04080

を比べてみます。

 

青いラインの0歳の平均余命が平均寿命です。

0の時点では

平均余命は87.26

これが、このまま平均寿命になります。

 

40まで生きた場合の

平均余命は47.90

ということは平均87.90まで生きる

 

80まで生きた場合の

平均余命は11.84

ということは平均91.84まで生きる

 

80歳まで生きると、平均寿命より

3.98、およそ4長生きするのです!

 

わかりましたでしょうか?

長生きすればするほど

余命が延びていくということです。

前年との差年齢とともにひらいていく

というのがわかりますね。

理由2 医学の進歩

テクノロジー

「死ねない」もうひとつの理由は

「医学の進歩」です。

 

不治の病と言われていた癌や

その他の病気も治療法がみつかり

新薬もどんどん開発されているので、

ますます死ぬことができません。(笑)

 

そして、今後もそれが加速することは

容易に予想できますよね。

 

現在は、病気の治療はできても、

内臓の寿命があるため、いつかは

老衰で亡くなることがわかっています。

 

しかし、

そのうち遺伝子の研究が進めば

内臓を新しく再生できるような

治療が現実になるかもしれません。

 

寿命と健康寿命の差

健康寿命とは

重い病気になったり、

事故にあったりしない限り

医療により長生きする可能性が

高くなってきています。

 

人に迷惑をかけたくないのであれば

健康で生き続けるようにしなければ

なりません。

それには健康寿命を延ばすことが

大事になってきます。

日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のこと。

—Wikipediaより

 

「平均寿命と健康寿命の差」

についてのデータがあります。

平均寿命と健康寿命の差2
厚生労働省の平成22年度の調査と研究より作成

女性の寿命と健康寿命の差は結構長く

12.68年あります。(2010年)

 

《補足》

2016年では女性の健康寿命は74.79歳に伸び、平均寿命との差が縮小しています。

 

これは12年以上、医療や介護の

支えを必要とするということです。

平均でこれだけあるって

ちょっと驚きですうよね。

 

わたしは思いました・・・

 

寝たきりにならずに死にたい!

 

少しの間なら寝たきりの生活も

いいかなと思いますが、

それが数年単位になると思うと、

ゾッとしてしまいます。

寝たきりの生活での長生きはやだ!

ベッドで寝る猫

健康寿命が短いと言うことは、

医療や、介護に依存する期間が長いということ。

誰かに頼る期間が長くなるということです。

 

そもそも、頼る頼らない以前に

自分が寝たきりの期間が長くなることは

なるべく避けたいですよね。

 

なので、わたくし

「ピンコロ」

を目指します!!

「ピンピンしたままコロリと逝く」

の略です(笑)

 

たまに聞きませんか?

「おばあちゃん、昨日まで

ピンピンしてたのに……

って言うあれです!

最高です!

 

そのためにも

健康寿命をのばす対策をすることが

必要になってきます。

大事なのは、健康なうちに対策するということ。

高齢になってからでは遅いのです。

なので、今のうちに生活習慣を見直しましょう。

できることは

◎運動

◎食事

◎睡眠

とても、当たり前のことばかり

これを習慣化することが鍵です。

どうせ長生きするのなら

これからは老後の概念が変わる

朝日

健康寿命を延ばすことが重要だというのは

わかったけど、それ以外の事も

考えないといけないわけです。

 

それ以外とは、

楽しみとか、生き甲斐とかも

大事になってきます。

これまでの、年をとったらゆっくりと

なんていう時代ではないのです。

 

急になにもしなくったりすると

ボケちゃいそうでしょ?(笑)

だから活動しなくちゃです!

 

認知症の予防のためにも

楽しんだり、活動するのは

とてもいいことなので。

老後は働くのが普通になる予想

早速ですが、わたくしザックリと

老後のプランを考えてみたんです。

老後は3段階に分けます。

 

早期:6575

近所や家でマイペースに働く(週4~5日)

 

中期:7585

もう少し負担を少なくして働く(週23日)

 

後期:85歳〜

地域活動などに参加しつつ、ゆっくりとする。

こんな感じでいいと思うんですよ。

これなら85歳でも働けそうじゃないですか?

きっとこんな時代が来ると思います。

老後に働くことが普通になる時代が。

 

おじいちゃん、おばあちゃんにも

できそうなことで会社作っちゃうとか!

なんかワクワクしてきますね♪

今は、ネット環境さえがあれば

どこでも、誰でもできちゃいますし!

 

なんか、勇気が湧いてきませんか?

今から、何ができるか楽しみながら

考えるのもいいですね。

まとめ

長生きしたくないと思っていたけど

どうも、長生きする確率が高そう。

だったら長生き前提に考えましょう。

ということです。

 

長生きで大事なのは

健康寿命を延ばすこと。

 

「ピンコロ」を目指す!

できることは、

◎運動

◎食事

◎睡眠

これを習慣化する。

 

「老後に何をしたいかを

今からプランを立てよう」

例)3段階に分けで

前期:マイペースに働く

中期:さらにマイペースに働く

後期:地域活動、ゆっくりする

そして、何をしたいか今から考える。

 

ということをお伝えしました。

明るい老後が少しイメージできましたか?

わたしも老後に向かって何をしようか

ワクワクしながら考えています。

 

この記事読んだよーの合図に

クリックしてください♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ   

ブログ更新の励みになります!

マダム麻子の人生が変わったきっかけ

 

闘病していた母を亡くし、大切な人と別れ

たった一人きりになり、孤独と絶望で

これからが不安でしょうがなかった時。

わたくしマダム麻子は47歳でした。

 

藁にもすがる思いで、後輩に連絡。

その時に後輩に教えてもらったURL。

 

その後輩に会わなければ

一生知ることのない世界だったと思う。

わたしは迷いに迷って、

思い切ってその世界に飛び込んだ。

 

そのURLが47歳独女の人生を変えてくれた。

 

47歳で人生が変わった話はコチラ
次世代誘導バナー

 

 

【期間限定配信中!】

コロナ後の社会・経済・未来予測
コロナで変容する国際社会
コロナで加速する
ハイパーインフレリスクとその対策
加藤将太が分析するコロナ情報

コロナメルマガバナー