【SNS炎上】リストランテでパスタ2品のオーダーがなぜいけない?隠れた問題点を考察

  • 2019年11月6日
  • 2019年11月26日
  • 考えかた
  • 247View
  • 0件
麻子
こんにちは。
アラフィフ、バツイチ、おひとりさまの
銀座でマダムやってた麻子です。
プロフィールも読んでね♡
倫子先輩
マダミー!
イキリパス太郎って知ってる?
ネーミングがうまいよね。
パス太郎ってウケる…
麻子
それなら昨日見たわ。
〝モーニングショー〟で。
実は羽鳥くんより玉ちゃん推しなの♡
あのめんどくさそうな感じが面白くて。
お店に来ないかしら♪
倫子先輩
えー!マダミ玉ちゃん派?
私はパンク町田派!
動物好きに悪い人はいないわ。
麻子
脱線しすぎね。
パス太郎さん、
自業自得なのも否めないけど
ちょっと可哀想ね。
何よりお店が気の毒・・・
【補足】
*玉ちゃん
 玉川徹さん 
 テレビ朝日の局員
 モーニングショーのコメンテーター*パンク町田
 動物のことならこの人に聞け
 ポストムツゴロウと言われている
 動物の専門家

〝リストランテでパスタ2品〟の概要

パスタ ウニ

結論から言うと、

この件にはいくつかの問題点が重なり

大炎上してしまったということ。

何が問題点なのか、

じっくり考えて行きます!

 

まず、このニュースをよく知らない

方にもわかるよう説明するわね。

 

超簡単に説明すると

あるリストランテに親子が来店し、

パスタを2品注文した。

うちはリストランテなのに

それはないだろと思った従業員は

そのモヤモヤをTwitterで呟いた。

これだけのことです。

 

実際のツイッターを元に

最初の部分だけ再現してみたわ。

パス太郎目線で。

ある日、ディナーを予約していない

親子がうちの店に来店しました。

お子さんは中学生くらい。

席にご案内して、オーダーを

聞きに行くと、

注文はパスタ2品(のみ)。

前菜やメイン料理をオススメするが

「いらない」と。

一応リストランテなので

パスタのみでのオーダーは受け付けて

いないので最低料金を下回る場合、

席料を頂戴します

と伝えると

すると、あろうことか言うに事欠いて

「二人ともあまりお腹が

空いてないんですけど」

このセリフどう思いますか?

レストランですよ?

お腹を空かせたお客様が少しでも

美味しい料理とワインを楽しみに来る

場所がレストランです

料理人が食べる人のことを考えて

長い歳月をかけて修行し勉強し

・・・・続く

 

と、この後も全部で10ツイートほど

続いたそうです。

 

そして最後に

 

皆さんの意見はいかがですか?

#拡散希望です

 

と締められていたとのこと。

 

そして、

「そんな店行きたくない」

「何その上から目線」

「店、調べてから行けよ」

と店、親子、パス太郎を

非難する声が盛り上がって

ツイッターは大荒れ。

 

朝のワイドショーにまで

取り上げられてしまったというワケ。

 

そして、ネット民により

お店も、パス太郎本人も

特定され、お祭り騒ぎに。

 

モーニングショーより

◎ツイートした理由
お客様とのやり取りで
カッとなってしまった

◎従業員について
食事が喉を通らないほど
反省している、このような
ことがないよう指導して
成長を見守りたい

◎店への影響
嫌がらせの電話が1週間続く
多い時は2時間で60件
営業に支障が出ている為
警察と弁護士に相談

だそうです…

〝リストランテでパスタ2品〟の問題点

パスタなぜ??

わたしの率直な感想は
みんな暇だなー。
です。
毎日ストレス抱えてるんだろうな。
です。
にしてもひどい。
これにはいくつかの
問題点があります。
一概に誰が悪いという
問題ではないということ。
  1. リストランテに入ってしまった親子
  2. 従業員の親子に対する接客
  3. 従業員のツイート
  4. 炎上するネット民

 

①リストランテに入ってしまった親子

これはしょうがないです。

何も悪くない。

まさかコース料理を頼まなければ

いけない店だと思ってなかったはず。

 

店を出ることも考えたかもしれません。

きっと、お腹は空いていたけれども

「お腹があまり空いてない」と

言わざるえなかった心境は

なんとなく想像できます。

 

②従業員の親子に対する接客

これはひどいですね。

上記のようなこと想像ができないとは。

 

オーナーかシェフが

「パスタだけじゃなく他のオーダーも

取ってこいよ!リストランテなんだから」

みたいなことを言ってたのじゃないかと

想像してしまいます。

 

いち従業員がお客様に上から目線に

なるというのは大体が

その店の経営がそのような態度だと

みて間違い無いです。

 

だって

「一応リストランテなので」

なんてリストランテは言わないし

「最低料金を下回る場合、

席料を頂戴しています」

って最低料金ってなんだって話です。

 

わたしがこれ言われたら

きっとすぐ席を立って

二度とその店には足を運ばないだけです。

食べる前にわかってよかったって思って、

それこそファミレス行きます(笑)

 

じゃあ、どうするのが正解かというと。

 

きっと店の雰囲気や前菜やメインを

勧められた親子は

「場違いな店に来てしまった」

と思っているはずなので

何も言わず、パスタ2品をお出しして

何事もなかったかのように

最上級のおもてなしをする。

です。

 

これやられると

まず、申し訳ない気持ちの上に

感動が加わります。

無理してでもまたこのお店に来よう

というリピーターを確保できたかも

しれないのです。

次はきっとコースを頼むと思うので。

 

お客様には気持ちよく食事をしてもらう

ことが最低限の接客なのです。

言うに事欠いて

恥をかかせるようなことは

絶対にしてはいけないのです。

 

③従業員のツイート

従業員くんのね気持ちもわかるんですよ。

あーあ、パスタのみのお客きちゃったよ。

って。

きっと、オーナーに怒られるって

思っちゃったんじゃないかな?

想像だけど。

 

でも、あまりにも毒があるTweetしすぎ!

もうちょっと加減があったんじゃない?

「あろうことか言うに事欠いて」

って台詞は面白いけど。

まるで自分が料理人みたいに(笑)

自分は悪くないって言いたかっただけ

なんだろうなって思うんです。

そしたら店にまで迷惑をかける大惨事に。

御愁傷様。

 

ほんと、SNSは気をつけないと。

 

④炎上するネット民

最後のこれ。

これが一番の問題だと思います!

もう、吊るし上げですよね。

顔を晒して、店まで特定して。

そしてタチが悪いのが

全く悪いことしてないと思ってること。

 

悪いことどころか、悪い奴を成敗

してやるくらいの感じでやってる。

本当にこれが一番怖い。

しかも匿名で。

 

匿名性が保証されている時、

責任が分散される時、

興奮して攻撃性が増すそうです。

 

ネット弁慶って言葉もありますね。

今回色々調べたら出てきました。

「正義感」を振りかざして

悪い奴にはどんなことしても

許されると勘違いしている。

 

わたしはこの

「正義」とか「正義感」って言葉

ちょっと苦手なのです。

「正義」の為なら何やっても良い

っていう感じがするから。

 

脳科学の中野信子先生の本に

「愛」とか「正義」が、麻薬のように働いて、人々の心をとろかし、人々の理性を適度に麻痺させ、幸せな気持ちのまま誰かを攻撃できるようにしてしまう。愛は人を救うどころか、それに異を唱える者を徹底的に排除しようという動機を強力に裏打ちする、危険な情動です。

———シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感  中野信子著  より

と書かれています。

人にはそのような性質があるのだそうです。

愛や正義などの感情が強ければ強いほど

攻撃してしまう・・・。

 

正義といえば、極道の皆さんもそうですね。

組長のためなら・・・みたいな(笑)

 

炎上についてもこれが当てはまりますね。

全く理性を失っているような。

しかも気持ちいいって・・・

怖いです。

 

まとめ

今日のまとめをするわね。

  1. 〝リストランテでパスタ2品〟
    についての詳細
  2. 問題点(モヤモヤポイント)は4点
    1:リストランテに入ってしまった親子
    なにも悪くない!
    2:従業員の親子に対する接客
    店の教育が問題
    従業員くんも被害者
    3:従業員のツイート
    ちょっとやりすぎ
    4:炎上するネット民
    炎上するのに悪気なし
    正当なことをしていると
    思っている。

 

ということを解説しました。

炎上は、人の正義感によるもの。

大きくなると制御が効かなくなる

ということです。

 

でもこれがわかれば

自分が炎上の中に加わり

攻撃する側に回ることは防ぐ

ことができると思います。

 

最低限のマナーを守って

SNS活動を楽しみたいですね。

 

中野信子先生の

シャーデンフロイデ

まじでオススメです。

ぜひ。

 

ではまた〜👋

 

 

もし面白かったら

クリックしてくれると

嬉しいです♡

ランキング応援よろしくお願いします☆

     にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ